英語は誰にでも出来るようになるのか?

 

個人的な意見として、結論からいえばYESです。年齢や性別、経験の有無などに関わらず、本人がその気になれば、必ず身に付けられるものが英語だと思っています。

 

なんだかんだいって、英語も一つの言葉に過ぎません。人間が言葉を覚えるのに才能や能力が必要であるはずがありません。

 

これまで馴染みがなかった人の場合、確かに慣れるまで大変かもしれませんが、それも時間の問題です。

 

このサイト『かかってこい!英会話』を通じて知り合った方で、60歳を超えたところで初めて英語の勉強を始めたという女性の方がいますが、彼女は僅か2年でTOEICで730を超えて、旅行会話程度であれば、何不自由なく出来るようになってしまいました

 

英語を始めた時点での知識はほぼゼロです。これは少し出来すぎに入る例かもしれませんが、1年、2年と真面目に続けていけば、そこそこのレベルには到達できます。

 

一番重要なのは、そこまで続けられるのかどうか、要は本人のヤル気次第です。英語は誰にでも出来るものではありますが、それは簡単に出来るということと同じ意味ではありません。

 

努力は必要です。

 

『なぜ、英語を勉強するのか?』という目的意識がはっきりしていなければ、恐らく途中で挫折してしまうぐらい、大変なことではあります。

 

ですから、これから英語を勉強するという人の場合、『なぜ』という理由ははっきりさせておいたほうがいいです。

 

ここだけ押さえておけば、あとは大丈夫でしょう。

スポンサーリンク