NHKのラジオ英会話は1日15~20分程度で週5日というスケジュールなので、英語学習を習慣づけるためには、格好の題材です。

 

もちろん、学習教材としてのクオリティも高く、20分程度の学習でもかなり高い効果を期待できます。録音しておけば、いつでも好きなときに繰り返し学習できるのも魅力的なポイントです。

 

ただし、そうはいっても、なかなか続かないという人も少なくないと思います。でも、途中で止めてしまうのは非常にもったいないですしNHKのラジオ英会話が続かないという人は、おそらく英語学習そのものが続かない状況にあると思います。

 

そこで、このページではNHKのラジオ英会話を長く続けるためのコツについて、まとめてみます。

 

ポイント1:24時間以内に勉強するようにしよう

 

その日のプログラムは、その日のうちに勉強することを目標にしましょう。夜のプログラムは、次の日の夜までに勉強するようにします。数日分をまとめてというのは止めましょう。1日20分でも、溜まり続けると、こなしきれないほどの分量になってしまいます。

 

勉強というのは、学習量が少なければ少ないほど、精神的にもとっかかりやすいものなので、溜めてしまうのはNGです。1日20分がこなせない人が、60分をまとめてこなすことは、まず出来ません。

 

仮に週末にまとめてやるということであれば、その分の学習時間は必ず確保して、毎週同じ時間に勉強するというふうに習慣化しましょう。

 

ただし、基本的には毎日少しずつ継続することをおすすめします。習慣化という意味では、こちらのほうが高い効果を期待できます。

 

ポイント2:学習のクオリティにはこだわらない

 

そうはいっても、毎日の生活が忙しくてという人もいると思います。そういった方は、勉強の中身そのものには、こだわらないようにしましょう。通勤・通学途中に、テキストの内容をリスニングするというだけでも構いません。

 

勉強というと、内容を最初から最後までじっくり読んで、完全に理解するというようなイメージをもたれるかもしれません。もちろん、これが理想なのですが、そこまで実行するのは難しい場合には、とりあえずやれる範囲内で取り組んでください。

要は、毎日必ず、英語に触れることを意識するということです。物事は続ければ続けるほど、簡単にこなせるようになるので最初はそれとなく聞き流しているだけだったのが、短時間でキチンと内容を把握できるようになったりするものです。

最初は勉強したことも、すぐに忘れてしまうかもしれませんが、だんだん、一度で覚えられるようになります。これが継続のメリットです。

 

だからこそ、最初は細かいことにはこだわらず、とにかくやることが重要となってきます。なかなか続かないという人は、まず最初は『勉強すること』そのものに慣れることを意識してみてください。

スポンサーリンク