英語は毎日勉強するのがベストですが、忙しい生活のなかで、まとまった時間を常に確保するのは大変です。

 

そこで待ち時間や通勤時間など、ちょっと空いた時間=スキマ時間を英語学習に活用しようという考え方が出てくるわけですが、スキマ時間というのは数分程度ですから、実際にはそれほど手の込んだことはできません。

 

準備に時間を要するようなことであれば、勉強を始めるまえに時間が過ぎてしまいます。その場でパッと始めることが出来て、かつ短い時間でも学習効果があること。

 

そんな勉強をするのが一番なのですが、では具体的に何か?となったときに、個人的にはリスニングだと思っています。英文を携帯やIpod、MP3プレイヤーなどに録音しておいて、ちょっと時間が空いた時に聴く習慣をつけるということです。

 

リスニングというのは長時間にわたってダラダラ聴くよりも、短い時間でもいいので集中して聴いたほうがスキルアップにつながります。2分、3分でも真剣に聴けば、それはとてもいい勉強になります。

 

また、本気で集中して英語を聴こうと思った場合、最初のうちは数分程度で息切れするはずです。つまり、どのみち長い時間にわたってリスニングの勉強は出来ないということですから、スキマ時間を利用するのにはうってつけです。

 

1日数回、数分間程度の聴き取りトレーニングを繰り返す。これには、かなりの学習効果を期待できます。英語を聴くだけであれば、場所にも困らないので、出先で行うのにも適しています。

 

スキマ時間を利用してリスニング、自宅でじっくり時間がとれるときはリーディングや文法。こんなふうにすると、時間を無駄なく活用できるのではないかと思います。

 

英会話関連記事

  • 英語のリスニングを効率良く上達させるための勉強法
  • スポンサーリンク