短文でやさしい文章を書こう

英語を書くときのコツですが、最初は難しい言い回しや複雑な構文を用いることは避けましょう。そして長い文章ではなく、短い文章をつなげることを意識しましょう。これだけでも、かなり違います。

 

文法でいえば、関係代名詞や仮定法、受動態や倒置といった、ややこしいものは使いません。
『I am ○○』、『This is~』といった基本型の文を活用するようにします。そのほうが結果的に書き続けることが出来るはずです。

 

あとは、このサイトでは繰り返しお伝えしていることですが、ライティングはアウトプット作業です。アウトプットというのは、自分のなかにあるものを形にすることなので、中身がなければ何も出てきません。

 

要は英語の知識が無かったら、書こうと思っても書けないということです。ライティングスキルは語彙力を中心とした知識量に比例します。書くトレーニングをしながら、同時進行で知識をインプットすることもしていきましょう。

 

学習時間の配分をインプット7、アウトプット3ぐらいにすると、ちょうどいいかなと思います。

eae_line_b.gif

■ 英語を短期間で身につけたい人におすすめ

30日間英語脳プログラム海外取引が多い一部上場企業や航空会社から研修用として、また英会話スクールから自習用教材として採用されるなど、多くの法人企業から認められている学習教材。学習ペースにもよりますが、早ければ30日間で英語の基礎力を確実に身につけることができます。

詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ