以前、かかってこい!英会話では毎日2つの英会話フレーズを紹介するメールマガジンを発行していました。(こちらにバックナンバーを公開していますので、興味がある方はどうぞ。)

 

『どこからネタを仕入れてくるんですか?』とよく聞かれるのですが私の場合、映画やドラマです。特にドラマは日常生活が舞台となっているケースが多いので結構使えます。

 

元々、こういったものは好きでよく観るので、普通に楽しみながら手元にメモ用紙をおいて、使えそうなフレーズがあったら、その都度メモしています。

 

そうはいっても、あまりメモすることに力を入れると、楽しめないので、気楽な感じでやっています。趣味と実益を兼ねた形ですね。

 

最近の有名どころだと、フレンズや24です。あと日本で有名なのかどうかわからないのですが、エイリアスなどもお気に入りです。

 

ところで、こんなふうに映画やドラマを観ていても、メルマガで紹介しようと思うフレーズに出会うことは、そうはありません。
数で言えば、60分のストーリーで5~6個です。

 

なぜかというと、殆どのセリフが誰もが知っているものだからです。
たとえば、24のスクリプトであれば、下記のサイトから無料で入手できますので、中身をチェックしてみてください。

http://www.twiztv.com/scripts/24/

 

読んでみればわかりますが、殆どが知っているものばかりのはずです。
もし、こういったフレーズを全て、このメルマガで紹介した場合、『このメルマガはありきたりのフレーズしか紹介してくれない』というふうに評価が落ちてしまうでしょう。

 

これはコトバを変えれば、ドラマで使われているようなセリフは、日本人であれば殆ど理解できるということです。

 

でも、いざテレビで観ると・・・

 

ダメなんですね。
多分、こういった方は多いと思いますが、がっかりする必要はありません。原因と対処法を把握すれば、テレビで観て楽しめるようになります。

 

そのやり方ですが、2段階方式になります。

 

まず、面倒ですが、ドラマのスクリプトを和訳します。そして、次に和訳したセリフを見ながら、それを英訳するトレーニングを行います。
やってみればわかりますが、自分が訳したものであっても、英語に再変換することは難しいはずです。

 

これは英語をアウトプットすることに慣れていないからですが、こういったトレーニングをすることで、効率良くスキルアップさせることができます。

 

アウトプットするスキルがアップすれば、不思議なことにインプットするスキルもあがります。特にインプットのスピードが速くなります。

 

読むと理解できるフレーズでも、ドラマで聴くと理解できないのは、単純に英語を聴き取る能力が低いだけではなく、英語を処理するスピードが遅いので、会話の速さについていけないからです。

 

ですから、こんなふうにストーリーに乗った会話を英語に直すトレーニングは効果的です。是非、あなたも試してみてください。

 

英会話関連記事

  • 英語のリスニングを効率良く上達させるための勉強法
  • スポンサーリンク