現在、大小様々な英会話学校があります。日本人が英語の習得に熱心である証だと思いますが、この英会話学校が本当に役立つのかどうか、色々なことが言われています。

 

「おかげで英語が上達した。通ってみて本当に良かった」という意見もあれば、「全く上達しない!高いお金を払って損した。」という声もあります。そこで、今週のコラムは英会話学校をテーマにしたいと思います。

 

では、「英会話学校は役に立つかどうか?」という疑問に対する答えですが、私はこの質問をされた場合、回答はこうなります。

 

役にたつ場合もあるし、役にたたない場合もある。人による。

 

ありきたりの独創性のない意見でがっかりという人もいるかもしれませんが、これが私の正直な意見です。

 

もっと正直に言えば、「英会話学校に行けば英語が話せるようになる」と考えている人は、多分一生話せるようにはならないと思います。そういった人は、「勉強は自分でするもの」という認識が欠けているからです。

 

英会話学校というのは、あくまでも英語を習得するための手段の一つに過ぎません。いくら、優れたカリキュラムを用意した学校、素晴らしい講師を揃えた学校に行っても、
勉強するのはあなた自身です。

 

英会話学校というのは所詮、脇役です。主役であるあなたがしっかりしなければ、ドラマは成り立ちません。「英会話学校に行って、話せるようにしてもらう」ではなく、「英語を話せるようになるために、英会話学校を利用してあげる」というような認識を持たなければいけません。それが必要条件です。

 

その意識さえあれば、どんな学校へ行っても、十分活用できると思います。もちろん、学校との相性もありますし、やっぱり質の良い学校、悪い学校があります。でも、それは「あなたが英語を話せるようになるかどうか」の決定的要因にはなりません。

 

せいぜい、質の良い学校へ行っていれば1年でマスターすることができたのに、質の悪い学校へ行ったため2年かかってしまったという程度でしょう。

 

実は私も過去、NOVAへ通っていたことがあります。その結果なのですが、英会話の上達には結びつきませんでした。でも、それはNOVAが悪かったわけではありません。100%私の問題でした。

 

なんといっても、途中で行くのが面倒くさくなってしまい、さぼりがちになったあげく・・・という結末でしたので。逆に、今NOVAに通えば、十分英語の上達に活用できる自信があります。

 

英会話学校もそうですし、教材もそうですが、これらはあなたの学習をサポートする以上のことはできません。勉強をするのは自分自身なんだということを忘れないでください。英語が上達しない原因を学校や教材に求めている限り、しゃべれるようにはならないです。

 

最後に英会話学校に行って、効果が比較的簡単にあがりそうな人の特徴をあげてみますので、判断の材料にしてみてください。

 

英会話学校に行って効果がありそうな人は、ずばり「おしゃべり好き」な人、そして「人懐こい人」です。

 

英会話学校の最大の魅力はネイティブと話せるチャンスがあるということです。その魅力を最大限に活かすには、とにかくしゃべることです。

 

とはいっても、普段の生活であまり話し好きでない人が、いきなり英語で話すというのは、いくら勉強のためであっても難しいものです。逆に、普段が話好きな人にはいいのではないかと思います。

 

私がNOVAに通っていたときにも、男性より女性、特に女子高生なんかは上達が早かったですが、これもそういった理由があると思います。

 

もし、あなたが「おしゃべりをするのが何よりも好き!」というのであれば、英会話学校は検討してみる価値があるかもしれないですね。

スポンサーリンク